水と油を含まない理由は? | ミネラルファンデーション選びの極意

ミネラルファンデーションのカバー力比較
ミネラルファンデーションのメイクオフ比較
ミネラルファンデーションの毛穴カバー力比較
ミネラルファンデーションの汗の強さ比較
MENU

水と油を含まない理由は?

油と水を含まないミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションが水分と油分を含まない理由は、水分と油分は酸化、腐敗しやすいからです。
酸化、腐敗した状態で肌にのせたくないですし、シミやシワの原因にもなります。
ファンデーションは使い切るまでに数ヶ月、1日中肌にのせていることもあり、どうしても酸化、腐敗は進んでしまいます。

 

では、なぜ一般に売られているファンデーションの多くは水分や油分を含んでいるのでしょうか。
その理由は、化学合成成分と相性がいいからです。

水分・油分 = 化学合成成分の特性が活かされる
化学合成成分 = 水分や油分の酸化、腐敗を防ぐ

リキッドファンデーションは、化学合成成分(合成ポリマー)を水に溶かして使用感を良くしたり、粘度を調節したりしています。
合成ポリマーは水をたくさん含むことが出来る為、トロミのある化粧水やファンデーション等によく使われます。
シリコンと油を混ぜて、皮脂にも溶けないシリコンオイルを使って化粧崩れを防いだりします。
シリコンオイルは水と混ざらないので、ウォータープルーフや化粧崩れしないタイプのファンデーション等に良く使われます。

 

そもそも、水と油は混ざらない成分同士。
それを混ざるようにする為に化学合成成分が使われます。
水分と油分の酸化、腐敗を防ぐ為にも化学合成成分が使われます。

 

化学の力を使っても、酸化、腐敗を完全には防ぎきれません。
自然の力にはかないませんからね。

 

お肌のことを考えるなら、水と油を含まないミネラルファンデーションを選びましょう!!

 

トップページへ