化学合成成分って何? | ミネラルファンデーション選びの極意

ミネラルファンデーションのカバー力比較
ミネラルファンデーションのメイクオフ比較
ミネラルファンデーションの毛穴カバー力比較
ミネラルファンデーションの汗の強さ比較
MENU

化学合成成分って何?

 

化学合成成分とは、石油等の原料から人工的に作られた成分です。

ミネラルファンデーションだけに限らず、一般的に販売されているほとんどの化粧品に化学合成成分が含まれています。

 

化学合成成分は安価で大量生産が可能ですから、化粧品などの利益は膨大なものとなっています。
自然界に存在しない化学合成成分は触感を良くしたり、長期保存が出来るようにしたり、自然界ではできないことを可能にします。

 

化学合成成分は自然なお肌のバリア機能を低下させ、アレルギーなどの皮膚疾患を発症することがあるので注意が必要です。アトピー敏感肌の方は特に気を付けましょう。

アットコスメで超大人気のD社のファンデーション全成分

マイカ/酸化チタン/窒化ホウ素/シリカ/メトキシケイヒ酸エチルヘキシル/(エチレン/アクリル酸)コポリマー/ジメチコン/メタクリル酸メチルクロスポリマー/ナイロン-12/(ジフェニルジメチコン)/ビニルジフェニルジメチコン/(シルセスキオキサン)クロスポリマー/オキシベンゾン-3/ステアリン酸/(カプリル酸/カプリン酸/コハク酸)トリグリセリル/ステアリン酸Mg/フェニルトリメチコン/アルミナ/(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー/フェノキシエタノール/カンテン/カプリリルグリコール/EDTA-4Na/ラウロイルリシン/へキシレングリコール水酸化AI/DPG/メチルパラベン/デヒドロ酢酸Na/BHT/クエン酸Na/トコフェロール(+/-)酸化チタン/硫酸Ba/酸化鉄

赤文字が化学合成成分です。
ほとんどが化学合成成分です。怖くなっちゃいますよね。
中にはシワやシミが悪化してしまうような成分も…

レイチェルワインの全成分

当サイトでも人気のレイチェルワイン。正真正銘のミネラルファンデーションです。成分表を比べてみれば一目瞭然!

マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al

上の市販ファンデーションと比べてみれば圧倒的に成分が少ないことが分かると思います。
レイチェルワインのミネラルファンデーションに含まれている成分は、そのほとんどが色を出すためのミネラル成分です。

 

ラウロイルリシンと水酸化Alがファンデーションとしての機能を高めるための成分。
それ以外のものが主に色を出したり紫外線をカットしたりします。

 

普通のファンデーションと成分表を並べてみるとすぐにわかるのですが、明らかに成分の種類が少ないです。
本当に最低限のものからできているので、余分にダメージを与えることがなく、安心して使うことができそうですね。

 

レイチェルワインの口コミページ >

成分表によく登場するポリマーって何?

赤字の化学合成成分は、自然界では不可能なことを可能にするため、それぞれに役割があります。
例えばポリマーはファンデーションには欠かせない化学合成成分で、触感をよくする皮膜形成剤です。

 

ポリマーは吸水性が高く、汗をかいてもいつまでもサラサラでいられます。
しかし、皮膜を形成する為外に出たい汗はいつまでも出られず、肌にラップをしたような状態になってしまいます。

 

その結果、毛穴の詰まったり肌が蒸れて荒れてしまい、アレルギー皮膚疾患を発症してしまうのです。
また、外に出られず酸化した油や水分は肌の老化を早めてしまうんです。

香料もよく入ってますよね

成分表によく名前が並ぶ化学合成成分で意外と気にしない方が多いのが香料です。
お化粧品の匂いってよく言いますがその匂いを作り出すために余分な成分を入れているという意識はあんまりないですよね。

 

でも香料は避けるべき成分ナンバーワンだと個人的には思います。
だって、匂いのために少しでも肌を犠牲にするのいやじゃないですか?

 

普通のファンデーションの成分の中には肌に悪影響を及ぼす成分が入っている事も多いですが、ウォータープルーフにするためだったりサラサラした使用感にするためだったり、保存期間を伸ばす為だったりは時と場合によっては有りかも…と思うことはありますが、匂いは香水など別の部分からでいいと思うのです。

 

化学合成成分によって作られている香料の中には、皮膚障害やアレルギーを引き起こす可能性があるものもあるようです。香水は服や腕でいいわけで、なにも顔に塗ることは無いと思います。

 

香水を直接顔にかけるのは抵抗感がありますよね?
成分表の香料という文字はカタカナよりも覚えやすく、気にしやすいのでまずは香料から気にしてみることをオススメします。

合成界面活性剤にも注意!

他にもリキッドファンデーションなどによく含まれる合成界面活性剤は肌を乾燥させてしまったり敏感にさせてしまったりする可能性のある化学合成成分です。

 

油分と水を混ぜ合わせるために使われるのでリキッドファンデーションやクリームファンデーションにはよく含まれている化学合成成分です。

 

リキッドファンデーションなどはパウダーに比べてやはりカバー力がありますが肌のためには避けたほうが良さそうですね。

肌のバリア機能が美肌の秘訣!

化学合成成分が含まれている化粧品使用で怖いのは、肌本来のバリア機能が崩れてしまうことです。
お肌には、汗を流して毛穴をクリアにしたり、皮脂で皮膜を作って保湿したり、自然に肌を守る機能が備わっています。自然は偉大です!

 

化学合成成分入りファンデーションは偽のサラサラを作り出しているだけで、実際のお肌はすごく負担がかかっています。

 

表面的な偽りの美肌を手に入れられても、実際の肌はどんどん劣化していってしまします。
肌本来のバリア機能を正常に働かせることは美肌をつくる上では必須です!

ミネラル100%のミネラルファンデーションで、素肌をいたわって未来のお肌に投資しましょう!

 

おすすめのミネラルファンデ >

 

トップページへ