肌が汚い女は臭い!だらしない!美人はいない!

ミネラルファンデーションのカバー力比較
ミネラルファンデーションのメイクオフ比較
ミネラルファンデーションの毛穴カバー力比較
ミネラルファンデーションの汗の強さ比較
MENU

肌が汚い女は悪印象

肌が汚い女は臭い!

「肌が汚い女性ってなんか臭そう。不潔に見える」
「どんな美人でも、肌が汚い女は無理」
「少々ブスでも、肌が綺麗だったらかわいく見える」
「肌が汚い=生活が乱れていそうで嫌。きっと、だらしないだろうなあ〜」

 

辛辣過ぎる意見ですが、肌が汚いだけでこれほどの偏見を持たれるということがおわかり頂けると思います。
いくらオシャレを頑張っても、肌が汚いと全て台無しになってしまうのです。

 

ただでさえ肌が汚いことにコンプレックスを持っていて悩んでいるのに…こんなことを他人から思われているなんて、ショック以外の何ものでもないですよね。
かといって、肌の汚さを隠すために「カバー力」ばかりに注目してはいけません。
今回は、本気で美肌になりたい女性のために、美肌になるためにはどうすれば良いかについてご紹介致します。

 

メイクの基本はファンデーション

メイクの基本はファンデーションですから、印象を良くする基本はファンデーションといえますね。
肌が汚い故に厚塗りのファンデーションになりがちですが、男の本音はナチュラルメイクが好き!ということを忘れないで下さい。

 

ファンデーションは肌に密着しますから、肌に対してダイレクトに影響を及ぼすんです。
ファンデーションの種類が美肌と汚肌の分かれ道と言っても過言ではありません。

 

肌に優しいとされる天然成分が配合されたファンデーションなら、肌は回復するでしょう。
肌に悪いとされる添加物が配合されたファンデーションなら、肌は汚くなるでしょう。
ですから、ファンデーション選びは非常に大切な項目なんです。

カバー力重視のファンデーションの落とし穴

「肌荒れもしっかりカバー」
「シワやクマなかったことに!」
「死角なし!どこから見ても、完璧な肌!」
…とっても魅力的な言葉ですよね。

 

しかしこの謳い文句、よく考えてみてください。
“隠す” “綺麗に見せる” というところにフォーカスを当てているだけなのです。
ですから、素肌を美しくしたいならオススメしません

 

カバー力に魅力を感じるのは皆同じですが、汚肌を卒業したいのであれば、カバー力と同じくらい「成分」に注目するべきです!

 

カバーもしつつ、素肌から美肌に

毛穴の開きを隠しながら治すと同様、気になるシミやクマをカバーしながら素肌から美肌になれる、それがミネラルファンデーションです。
カバー力が不安な方は、カバー力比較をご覧下さい。

 

ミネラルファンデーションは、市販の強い成分を含んだ市販のファンデーションに慣れている方だと裸でいるような気持ちになるかもしれません。
ですが、ミネラルファンデーションに慣れたら、もう元の重〜〜いファンデーションには戻れませんよ!息苦しくて!
今までこんな負担の多いファンデーション塗りたくってたのか・・・と反省しました。
ミネラルファンデーションに慣れる頃には正常な肌に戻って汚肌を卒業できていると思いますから、市販のファンデーションに戻る必要もないのですが。

 

市販でも成分の良いミネラルファンデーションが少しだけありますから、試してみて下さい!
市販のミネラルファンデーション

 

 

トップページへ