敏感肌・乾燥肌はミネラルファンデーションで変わる!

ミネラルファンデーションのカバー力比較
ミネラルファンデーションのメイクオフ比較
ミネラルファンデーションの毛穴カバー力比較
ミネラルファンデーションの汗の強さ比較
MENU

乾燥・敏感肌こそミネラルファンデ

今回は、『敏感肌・乾燥肌』に合う化粧品にはどんなものがあるかについてご紹介致します。

 

そもそも、敏感肌・乾燥肌になる原因って何?

敏感肌・乾燥肌

冷たい風や気圧の変化などの刺激、そしてホコリやダニ…。
色んな刺激が空気中には漂っています。
そんな刺激やストレスなどによって、肌が元々持っているバリア機能が弱くなることで敏感肌・乾燥肌になってしまいます。

 

敏感肌・乾燥肌になってしまった際に、きちんとしたケアをすれば負のスパイラルから抜け出すことができることもありますが、大体の女性が「間違った化粧品の使用」により、敏感肌・乾燥肌から抜け出せなくなってしまうことが多いようです。

 

敏感肌・乾燥肌を防ぐ3つの方法

  • 1 湿度を一定に保つ

    特に冷房や暖房を使う季節には注意してほしいのが、部屋の乾燥です。
    湿度が低いと乾燥は進んでしまいます。

  •  

  • 2 乾燥に効く食べ物を摂取する

    ビタミンAは乾燥に効く食べ物として有名です。
    そんなビタミンAを含む食べ物…にんじんや卵、かぼちゃや海藻などを摂取すると良いですよ。

  •  

  • 3 お風呂には保湿成分入りの入浴剤を

    お風呂に保湿成分が入っている入浴剤を入れることにより、入浴によって緩んだ肌の角質層に保湿成分が浸透し、乾燥を防ぐことができます。
    ただ、保湿成分が入っているものでも、香料・着色料が入っているものは肌に刺激を与えてしまうので避けるようにしましょう。

セルフケアでは難しくなったら

敏感肌・乾燥肌は悪化したら病院へ

自分でケアしても、一向に改善の兆しが見えないようであれば、皮膚科を受診してみるのも手です。

 

私も顔がひどく乾燥してしまい(特に目と鼻の間の部分が)、どうしようもなかったので皮膚科を受診しました。
そこで白色ワセリンともう1種類の塗り薬を処方してもらったところ、1日2日かで綺麗に乾燥が治ったことがあります。

 

悪化しては治すのに時間がかかってしまいますから、皮膚科というのも選択肢に入れておくことをオススメします。

 

敏感肌・乾燥肌のメイクの注意点

敏感肌や乾燥肌の人がメイクをするときに心がけることは、次の3点です。

  1. これ以上肌に刺激を与えないこと
  2. 肌のバリア機能を低下させるような成分を含んだものを使わないこと
  3. 外的刺激から肌を守ってくれること

この条件を全てクリアしているのが、ミネラルファンデーションです。
肌に対して負担も少なく、スッピンだと気になる肌のアラをカバーしてくれる秀逸なベースメイク商品だと言えます。

 

敏感肌・乾燥肌に悩んでいる人にこそ、ミネラルファンデーションは試して頂きたいと思います。

 

敏感肌・乾燥肌のメイク落とし

ちなみに、ミネラルファンデーションは洗顔フォームでも簡単に落とすことができるので、クレンジングによる肌への摩擦を回避できるというメリットもあります。
メイクオフしやすさランキング >

 

 

トップページへ